2017年8月21日月曜日

不人気だった? No.27 日産 NV200 タクシー


先月発売されたトミカ29年7月の新車「No.27 日産 NV200 タクシー」

イエローキャブとしてニューヨーク市のタクシー仕様での登場となった
日産 NV200のトミカですが、一昨日8月トミカの日にイオンに行った際、
大量に売れ残っていました。
・初回特別仕様 : 14台
・通常版 : 7台
これだけ売れ残っているトミカは、ここ数年見たことがありませんわ。

もともとイオンの仕入台数が不明と言うこともありますが、
このタクシーを特別多く仕入れするとは考えにくいでしょう。

同じく同7月の新車「No.48 日産 ノート」は4台残っていました。

個人的には、久々の横ドア開閉ギミック付きでの登場で嬉しかったですし、
日本仕様としての発売でなくイエローキャブ仕様に仕立てての発売も
なかなかいいなぁ!と思っておりましたが、
世間の反応は今一だったのかもしれません。。

もともとNV200自体がビジネスユースのバンと言ったイメージがあり、
又、NV200を知らない人も多くいるかもしれませんね。
実際、私の住む地域ではあまり街中で見かけませんし・・・。
短命トミカにならないことを祈ります。

トミカの情報なら【トミカの森】





2017年8月20日日曜日

【赤箱トミカ】2017年8月の新車






トミカ 2017年8月の新車は、
No.007 メルセデス-AMG GT R
No.078 スバル インプレッサ
が発売されましたね。

インプレッサは、初回特別仕様のシャシーがワゴンになっていて驚きました。
初回版は26年10月に新車発売時のみの初版分として
いままでの「初回特別カラー」から「初回特別仕様」へと名称変更がされました。
そしてその翌月に発売された
26/11月の新車「No.057 スズキ キャリイ移動販売車」
ではその作りこみの違いを大きくアピールした車両が登場してきました。

しかし、その後は初回特別カラーと呼べるもので、決してなにが特別仕様?
と言った内容のリリースが続いていた感があります。
そして、今年になり、
29/04月の新車「No.021 アバルト 124 スパイダー
では再び初回仕様がラリータイプで登場!という大きなサプライズ(笑)
この車両の出来栄えの良さは誰もが認めることでしょう。

そして今年2回目の大きな衝撃。
それがセダンとハッチバックの2台のシャシー違い。
通常であれば別No.のモデルとして新車登場してもおかしくない内容です。
今回の発売にあたりメーカ側との間でどんな大人の事情が絡んでいるのか?は
わかりませんがコレクターにとっては集める喜びに繫がり嬉しいです。


トミカの出来もサイズ感もありごくごく標準の出来栄えかと思います。
あえて酷評をさせて頂くとすれば
ボンネットの中にあるエンジンが塗り分けされていないことでしょうか。
しかし、これはスポーツタイプ車として昨年発売されたNo.76 ホンダ シビック TYPE R
と比較するほうが酷かもしれませんネ(苦笑

インプだけで、書き疲れましたのでメルセデスーAMGについては省略・・・
箱を開封してトミカを手に取り、もうカッコイイの一言でしたから。

最後に今回のAMGもそうですが、
近年のトミカは嬉しい事に車高にも気を配ってくれているようです。
又、転がり抵抗も割と少なくスムーズに進むようになっていると感じました。
以前、このような記事を書きましたが「どんな車でもかっこよく見える方法。」
いくらエアロフォルムに包まれたレーシングカーと言っても、
車高が腰高ではカッコ良くありませんからね(笑

------------------------------------- 
【8月の廃番トミカ】
No.007 スバル インプレッサ WRX STI 4door グループR4仕様
No.078 スバル レヴォーグ
-------------------------------------
トミカの情報なら【トミカの森】